院長紹介

院長あいさつ

自分の経験から考えた理想的な医療のカタチ。

東海市加木屋町で加南クリニックを開院した野尻佳克です。
研修を終えた後、超急性期(中京病院)、急性期(国立長寿医療研究センター)、回復期(かなめ病院)と、患者さんが病気にかかり入院してから退院後の日常生活へ戻るまでの道筋をたどってきました。

中京病院では大病院のチームの一員として重症患者さんの治療を経験し、国立長寿医療研究センターでは、高齢者の治療全般に精通することができました。 また、かなめ病院は小規模なリハビリ病院であり、患者さんの医療処置をごく少数の医師が受け持つため、患者さんのほとんどの症状に対応してまいりました。

泌尿器科の中でも排尿障害を中心に診療を行ってきましたが、排尿障害をより改善するためには幅広い知識が必要です。心臓や腎臓などの機能が低下することで尿を作る機能も低下します。脳神経機能、身体機能がしっかりしていなければ、トイレに行くということもままなりません。患者さんの全身を把握してこそ、専門的な治療がより意味を持つと知り、排尿障害の専門医としてより良い医療を目指せば目指すほど、排尿障害だけに注目していては、排尿障害をよくすることはできないということを実感し、総合医としての能力を身につけてまいりました。

これまでの経験を生かし、地域のかかりつけ医として、どんなささいなことでも相談にのれるクリニックにしてゆきたいと思います。

加南クリニック 院長野尻佳克

院長経歴

平成4年明和高校卒業
平成10年名古屋大学卒業
平成10年海南病院
平成11年名古屋大学病院
平成12年中京病院(泌尿器科)
平成16年国立長寿医療研究センター(泌尿器科)
平成27年かなめ病院(内科、リハビリテーション科)
平成29年加南クリニック開院

資格

  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 日本排尿機能学会認定医
  • 日本医師会認定産業医

研修

  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会
  • 高齢者医療研修会
  • 認知症サポート医養成研修
  • 医師のための総合リハビリテーション講座